9月4日(月)付けの日経産業新聞に「武田から分離、スペラファーマ稼動、技術開放、創薬VBが熱視線、武州製薬、開発製造受託へ一歩」のタイトルで弊社の取材記事が掲載されました。

7月21日に日本経済新聞の川上記者が弊社(武田薬品大阪工場内)を訪問され、スペラファーマの設立に至った背景や業務内容、スペラファーマが保有する技術について取材されました。
取材当日は川上記者と弊社の吉岡社長を始め、副社長、製薬研究本部、製剤技術研究本部、分析研究本部の各本部長、および研究者がスペラファーマの業務内容について紹介し、活発な質疑応答が行われました、また、研究設備の見学を通して、スペラファーマのケイパビリティについてご理解をいただきました。その中で、特に原薬製造について、スペラファーマの強みである不斉合成技術について興味をもっていただきました。
スペラファーマは医薬品開発に関わる全てのお客様にCMC関連サービスをご提供して、少しでも早く新たな医薬品が患者様の手元に届くことに貢献していきたいと考えています。