弊社製薬研究本部の東が第12回プロセス化学ラウンジで講演を行いました

2017年12月1日~2日に和光純薬工業株式会社 湯河原研修所で開催された第12回プロセス化学ラウンジで、弊社の東和樹(製薬研究本部)が「水素移動反応を用いたtrans-3-amino-4-hydroxytetrahydropyranの高エナンチオ選択的製造法の開発」について講演いたしました。本講演では、SPERA PHARMAの有する不斉合成技術の一つである不斉水素移動反応を用いた製造プロセスについて、合成法開発からスケールアップ合成に至るまでのプロセス化学に関して紹介しました。
講演後、ご参加頂いた皆様方から熱心なご質問を数多くいただき、SPERA PHARMAが保有する一連の技術力とその高さに関心が寄せられていることを実感できました。今後とも私たちが日々重ねる研究成果と、これまでに蓄積してきた合成技術を通じて、お客様のご要望やご期待にお応えし、優れた医薬品・画期的な医薬品の創出に貢献していきます。